「女の花道」心と表現<第13回>熊澤南水|月刊浅草ウェブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
月刊浅草ウェブ

「今朝は、氷点下8度だったんですよ。大丈夫でしたか?」
長野県上田駅前のホテルで、眼を覚ました私に、今日の主催者Nさんからの電話である。
どんな地方へ行っても、ホテルの中は快適空間、暑い寒いは外へ出て見て初めて体感するので、部屋の中では全く実感が無い。
平成29年1月23日㈪、この日上田市の文化施設「サントミューゼ」の小ホールで、「お吟さま」が上演される。
昨年10月に、カメリアホールまで を運んで下さったNさんは、何んとかこの舞台を仲間の婦人達、強いては上田市の人達にも見て貰いたいと、直ちに協力者を募って「実行委員会」を立ちあげたのが11月、チラシ作りに着手し、僅か1ヶ月 らずで300席を埋めて待っていて下さったのである。
農家の主婦ではあるが、彼女は主に花卉を中心に栽培、数年前からは直売所の運営にも携わり、 多忙な日々を るスーパーウーマンでもある。彼女のお力添えでこれまでにも、長野県内各地での公演のチャンスを貰っていたが、ここ7・8年人集めの難しさを実感してか、その機に恵まれて居なかった。
その女ひとの心に火を付けたのが「お吟さま」であった。

>次ページ「それだけでも頑張ってきた甲斐があったと自負している。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

公式月刊浅草ウェブ|メールマガジン登録

【登録時間わずか1分】

公式月刊浅草ウェブでは、浅草の文化芸能を知りたい方へ毎月1回メールマガジンを配信させて頂きます。

ご興味ある方はぜひご登録よろしくお願いします!

※記入項目は3項目(メールアドレス・お住まい・ご興味持った理由)

※クリックしますとGoogle Formへジャンプします。

個人情報の取り扱い・プライバシーポリシーをご確認下さい。


メールマガジンご登録はこちらです