あさくさ交遊録<第1回>稲川實|月刊浅草ウェブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
月刊浅草

吉村先生は、昭和18年(1943)23歳の時に召集され、中国大陸に転戦している。兵科は「主計」(経理)で、位階は聞き漏らしたが、下士官だったという説もある。
吉村先生が敬慕してやまなかったエノケン劇団の文芸部員、菊谷栄が、昭和12年(1937)召集されて間もなく、中国戦線で戦死しているから、先生自身も「召集された以上は死は覚悟した」と話していた。
私の長兄も、昭和17年(1942)甲種合格で横須賀海兵団に入団、3ヶ月の教育訓練の後、空母蒼龍で、ミッドウェー海戦に参加、20歳9ヶ月の若さで戦死している。あの頃は、本当に恐ろしい時代であった。
吉村先生の部屋から、入営を前に、年賀に併せて書かれた挨拶状が、紙類に埋もれた中から発見された。どなたもご存知のない資料かと思うので、先ずご披露しておきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

公式月刊浅草ウェブ|メールマガジン登録

【登録時間わずか1分】

公式月刊浅草ウェブでは、浅草の文化芸能を知りたい方へ毎月1回メールマガジンを配信させて頂きます。

ご興味ある方はぜひご登録よろしくお願いします!

※記入項目は3項目(メールアドレス・お住まい・ご興味持った理由)

※クリックしますとGoogle Formへジャンプします。

個人情報の取り扱い・プライバシーポリシーをご確認下さい。


メールマガジンご登録はこちらです