「それぞれの春」心と表現<第3回>熊澤南水|月刊浅草ウェブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
熊澤南水

四月は例年の事ながら、入園、入学、就職と、それぞれ希望に胸膨らませて第一歩を踏み出す、新生活スタートの月である。12人いる我が家の孫達の中にも、その日を心待ちにしているのが数人、従って祖母である私も又、あれやこれやと忙しくなる。
12人の末っ子は男の子、5女の二男である。この春ピカピカの一年生になり、これで全員学校に通う事になった。群馬県中ノ条町、田舎の匂いが色濃く残る自然いっぱいの中で、二男坊らしくやんちゃで伸び伸び育っている。
消防士としての任務を果たし、その上でアマチュアスキー大会で、常に上位入勝の父親の血を受け継ぎ、運動神経は抜群、将来は間違いなくアスリート?の道を、と期待している。3歳違いの兄は周囲の予想に反して運動は苦手だとか、〝医者になる!〞と云うのが最近の口ぐせ、心変わりしないで欲しいと願っている。
昨年の秋、早々に送ったランドセルを背負った弟と、仲良く登校している事だろう。
横浜市内に住む二女と三女の処にも、高校一年生が誕生した。
二女の長男は私立高校へ。ずっと少年野球を続け、従って高校へ入ってからも野球を続けたいと云う希望で︑自ら学校を選び昨年の暮れには推薦で入学許可を貰っていた。熾烈な受験戦争から免れた格好になったのが、本人に取って良かったのか否か、答は先にならないと解らない。
銀行マンの父は、単身名古屋で頑張っており、週末には戻って少年野球チームの世話をしている。アメリカン・フットボールの司令塔として優秀な選手だった父の背を、しっかり見て育った彼のこと、弟と妹に自慢の兄と慕われる様な人間になって欲しい。
三女の長女は、念願の県立高校に合格している。これには厳しく長い道のりがあった。
幼い頃からフィギュアスケートに熱中、両親を巻き込んでの早朝練習に始まり、トレーナーやコーチに掛かる費用は、半端なものではない。競技大会に出場するようになって来れば、遠征の費用その他と、いくらお金があっても足りない位である。お金持ちのお嬢様ならいざ知らず、事も有ろうに5人の娘の中で、一番厳しい環境に在る三女の家なのだ。夫は塗装を中心にリフォーム一般を手掛ける職人、人柄も腕も一流なのだが、儲け仕事が出来ない善人なのだ。数人いる職人達に給料を払うのがやっと……と云う生活が、長い事続いている。事務を手伝いながら、遣り繰り算段する娘の苦悩を想うと胸が痛い。
それでも何んとか薄氷を踏む思いをしながら、年を越して来れたのは、天に見離されていない証拠であろう。誠実に、謙虚に、地道に仕事をしていれば、必ずいい結果に繋がるのである。
こんな生活環境の中でのスケート人生、最後の賭けが昨年9月、千葉市幕張のリンク〝アクア〞で開催された大会だった。出場者全員この日の為に、一年間厳しい練習を重ねて来たのである。
氷上のスポーツに付き物の冷えによる腰痛や、怪我と戦いながら、彼女もこの日天王山を迎えていた。
しかし、残念ながらこの日の得点は、及第点に達する事が出来ず、結果不発に終ってしまったのである。
中3の秋、と云えばクラスメートは既に、受験に向けてスイッチが入っている時期だ。この時の彼女は、恐らく〝どん底〞に追い込まれていた状態だったろう。
そして、出した答えが、〝全中に向けて頑張る!

一それも駄目だったら、スケートを辞める〞と云うものであった。
全中とは、「全国中学校スケート競技会」の略で、中3の彼女に取っては最後のチャンスでもある。
浅田真央人気で、今やフィギュアスケートは、ウインタースポーツの花形、しかし、その練習は難行苦行の連続である。午前4時からの早朝リンク通いは、両親のどちらかが付き添い、終った娘を今度は学校まで送る。朝食は車の中で済ませ、親は自分の仕事場へ。一日の勉強を終えた娘を迎えに行き、再びリンクへ。これが一年中続くのである。
技術が身に付いて、少しづつ級が上がっていくのが何よりの励みにはなるが、親娘共々覚悟が必要な事は確かだ。
全中に出場出来るのは80名余、47都道府県から選出された精鋭が、長野オリンピックの会場だった、あの〝ビッグ・ハット〞に集まるのだ。その為の選考会が横浜のリンクで行われたのが11月14日、この「ウインタートロフィー」で、自己ベストを出し、見事神奈川県代表4名の中に入って、全中出場権を手にしたのである。受験勉強との二筋道を、歳の少女はこの時必死で歩いていたのだ。
そして、年が明けて1月31日、「全国中学校スケート競技会」は幕を開けた。
残念ながら私は翌日からの沖縄ゆきを控えていたので、現地に応援に行く事は出来なかったが、〝どうか練習の成果が出せますように〞と、心の中で祈っていたのである。
ほゞノーミスに近い演技が出来、自己ベスト更新と云う結果ではあったが、全国の壁は厚く、翌日のフリーへ進む事が出来なかったのは返す返すも残念であった。本人は、持てる力を出し切った結果に納得し、気持を切り替えて、高校受験に向けてまっしぐら。
私立の合格は決まっていたが、何んとしても県立に合格しなければ、スケートを続ける事が出来ないのは、彼女が一番良く解っている筈、発表までの二週間が、どれ程長かった事か。
〝合格〞の報は、スケートの継続をも意味し、文字通り明るい春の到来となったのである。
〝貴女を尊敬しますよ〞と言って下さった担任のひと言が、喜びを倍加させたのは間違いない。厳しい練習を重ねながらの受験勉強を、見守っていて下さった人の、魂のひと言は重い。一生忘れないで欲しい。
背丈だけは大人並みでも、2人共中身はまだまだお子ちゃま。誤った道を歩かぬ様、周囲の大人が常に眼を掛けてやらなければならない年頃でもある。12人の孫達の行く末を、何処まで見守ってやれるか……宝箱の蓋を開ける楽しみは続きそうだ。

(熊澤南水, 2016年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

公式月刊浅草ウェブ|メールマガジン登録

【登録時間わずか1分】

公式月刊浅草ウェブでは、浅草の文化芸能を知りたい方へ毎月1回メールマガジンを配信させて頂きます。

ご興味ある方はぜひご登録よろしくお願いします!

※記入項目は3項目(メールアドレス・お住まい・ご興味持った理由)

※クリックしますとGoogle Formへジャンプします。

個人情報の取り扱い・プライバシーポリシーをご確認下さい。


メールマガジンご登録はこちらです